やっぱり現金は強い

お中元やお歳暮、お祝い、お返しなどにVISAやJCBのギフト券やamazonギフト券、デパートの商品券などを利用する人が増えています。かさ張るものでもないし、自分の好きな物を買える利便性があって喜ばれているようですが、一方で今すぐに必要な物がないという場合やタンスや机の中に仕舞い込んだままになっているケースが多く、必ずしも有効利用されていないのが現実のようです。

こうした理由から家にギフト券が貯まっている人の中には、チケットショップで現金に換金する人が少なくありません。
その人たちが共通して口にするのは「現金にしておいて口座へ入れておけば、急な出費にも対応できて、どんなところでも使えますから」と言います。

たしかに、一般的にギフト券と言えば、業態は別として法人組織のお店でしか利用できず、たとえば病院や個人商店などでの支払いには使うことができません。

特に諸般の事情からキャッシングやカードローンを利用できない人にとっては、現金だけが頼みの綱になります。

さて、そんなギフト券、商品券のトレンドですが、5千万以上のアイテムの中から買い物ができるアマゾンプライムで利用できるamazonギフト券に人気が集中しています。

ただし、アマゾンプライムでの利用に限定されているので、汎用性は極めて限定的になっています。そこで、最近はamazonギフト券を専門の買取サイトで換金し、現金を自分の口座へ振り込んでもらうことが主流になっています。

とりあえず使う予定がなかったり、放置したままのamazonギフト券が貯まっているのなら、早めに現金へ換えて自分の口座へ入れておくのが安心だし、気分的にも余裕を持つことができます。

やっぱり、現金がいちばん強いんですね。
もしも、たまっているamazonギフト券があれば、amazonギフト券買取サイトで換金するのがいいかもしれませんね。